名護聖ヨハネ教会 Nago St. John Church

教区主教 ダビデ 上原栄正   司祭 ペテロ 高良孝太郎
沖縄県名護市東江1‐1‐12 1-1-12Agarie, Nago,Okinawa
☎ 0980‐52‐2242(Fax兼用) 

2017年3月 屋我地聖ルカ保育園だより

2017年02月28日 01:37

「人の子は、失われたものを探して救うために来たのである」

―父母の愛―

3月の聖句 ルカによる福音書第19章10節

 

 ある日、二人の息子の内次男が“僕の分け前を先に貰えませんか”と父に尋ねました。普通なら叱るべきでしょうが、なぜでしょうか。父は財産の半分を彼に分け与えました。次男はその財産すべてをお金に換えて遠い国に旅立ちます。自由になった彼は食べたり飲んだりして持っていたお金を使い果たしてしまいました。すると今までともに遊んでいた友たちが一人二人離れていきます。さらにその地方に飢饉が起こり、多くの人が飢えて死んでいきました。幸いに彼は豚の世話をすることになりましたが、余りにもお腹がすいていた彼は豚の餌をおいて豚たちとエサ取りをしている自分のことに気づきます。恥ずかしかったでしょう。“今、ぼく何をしてるんだろう”そこで彼はお父さんのことが思い浮かびました。たくさんの僕が働いていて、その多くの人々が満足・満腹して暮らす「父の家」。

“父の家に帰ろう。そこは本当に素晴らしいところだった。もう息子と呼ばれることはないが、僕としては雇ってくださるかもしれない”彼はすぐに立ち上がり、豚の餌を投げ捨てて父の家へと向かいます。

 父は息子が家を出たその日から村の入口のあたりで息子の帰りを待っていました。“この子は必ず戻ってくる。父の家の良さに気づいて必ず帰ってくる”父はその思いで息子を送り出したのです。そしていよいよその日が訪れました。息子が父の家のことを覚えて帰ってきたのです。お父さんはあまりの嬉しさに裸足で走って物乞いのようになった息子を抱きしめ、すぐに新しい服を着させ、指輪をはめてあげました。失われた息子が帰ってきたからです。

 教会では「神は愛です」と教えています。しかし見えるものでも触れられるものでもないため、その愛のことがわたしたちには理解しがたいものであります。それでこのような物語を通して、またわたしたちの愛おしい子どもたちを通して“父の愛”を感じさせているかもしれません。

名護ヨハネ教会は日本聖公会沖縄教区に属する教会です。現在毎週日曜日の午前10時30分に聖餐式を捧げています。礼拝では洗礼を受けた方なら陪餐に与ることができます。まことの福音、イエスキリストを通してこの世に明らかにされた神様の赦しとみ摂理を共に分かち合い、また神の国に入るその日まで互いに励まし会い歩んで行くことを切に祈ります。

重要なお知らせ

人事異動について

2017年04月08日 23:48

2017年3月31日付でイザヤ金汀洙司祭は沖縄市島袋諸聖徒教会に転勤されました。

2017年4月1日付でペテロ高良孝太郎司祭が赴任されました。

両司祭様のためにお祈りくださるようよろしくお願い致します。

 

2017年4月8日 23時50分 諸聖徒教会の司祭室で イザヤ 金汀洙司祭

1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>