名護聖ヨハネ教会 Nago St. John Church

教区主教 ダビデ 上原栄正   司祭 ペテロ 高良孝太郎
沖縄県名護市東江1‐1‐12 1-1-12Agarie, Nago,Okinawa
☎ 0980‐52‐2242(Fax兼用) 

2016年12月聖ルカ保育園園だより マリアの従順・イエスの従順

2016年12月01日 02:46

「お言葉とおり、この身になりますように。」

12月の聖句 ルカ1章 38節a

 

マリアは、ヨセフと婚約をしている間に子どもができてしまいました。イスラエルの結婚の特徴でもありますが、結婚を約束した二人は約1年以上遠く離れて過ごさなければなりませんでした。その間、男性は持参金を支払うためにお金を稼いでいて、女性の方は持参金の準備ができる次第自分を迎えに来る旦那を待ちつつ新しい結婚生活のことを準備していたのです。ですからその間に子どもができるということはありえないことでした。

マリアにおいてはこれから始まる結婚生活を楽しみつつ、その準備をしていた喜ぶに満ちているはず時間が、破婚されるかもしれないという不安な状況に変わろうとしていたのです。マリアにおいて、天使のお告げ(あなたは男の子を生みます、その子の名前をイエスに名づけなさい)はとんでもないことであったのです。しかし、マリアは、そのお告げを聞き、躊躇することなく天使ガブリエルに次のように答えました。「私は主のはしためです。お言葉のとおり、この身になりますように」。この答えはイエス様が十字架に掛けられる前に、ケツセマネというところで祈られたときの言葉と似ています。「アッパ(パパの意味)、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯を私から取り除けてください。しかし、わたしが願うことではなく、み心に敵うことが行われますように」(マルコ14:36」

聖書はこのことを従順といいます。自分の考えではありえない、到底受け入れることのできないことであっても、「神様、あなたのみ心ならば、そのとおりこの身になりますように」という答えが求められているのです。クリスマスは単なるお祝いの日ではなく、キリストイエスの神様に対する従順に心を留めることが求められる期間であります。

名護ヨハネ教会は日本聖公会沖縄教区に属する教会です。現在毎週日曜日の午前10時30分に聖餐式を捧げています。礼拝では洗礼を受けた方なら陪餐に与ることができます。まことの福音、イエスキリストを通してこの世に明らかにされた神様の赦しとみ摂理を共に分かち合い、また神の国に入るその日まで互いに励まし会い歩んで行くことを切に祈ります。

重要なお知らせ

人事異動について

2017年04月08日 23:48

2017年3月31日付でイザヤ金汀洙司祭は沖縄市島袋諸聖徒教会に転勤されました。

2017年4月1日付でペテロ高良孝太郎司祭が赴任されました。

両司祭様のためにお祈りくださるようよろしくお願い致します。

 

2017年4月8日 23時50分 諸聖徒教会の司祭室で イザヤ 金汀洙司祭

1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>