名護聖ヨハネ教会 Nago St. John Church

教区主教 ダビデ 上原栄正   司祭 ペテロ 高良孝太郎
沖縄県名護市東江1‐1‐12 1-1-12Agarie, Nago,Okinawa
☎ 0980‐52‐2242(Fax兼用) 

キリストがもたらした平和

2015年04月13日 23:14

(2015年日本聖公会沖縄教区時報に乗せられた文)

ユダヤ人たちを畏れていた弟子たちはエルサレムにとどまることができず、あちらこちらに散ずることになりました。その内二人の弟子はエマオという村へ向かい、ほかの弟子たちも女の人たちを通してイエス様の復活のお話を聞いたにも関わらず、家の戸にカギをかけて隠れていたことは弟子たちがおかれていた状況を表しています。

それは見えない神、また見えなくなったイエス様に対する信頼と信仰とが崩れてしまったからでしょう。誰も自由に入ることのできない、差し固められた扉が彼らの状態を表すものでありました。その真ん中にイエス様は現れたのです。それには弟子たちの許可などはいりませんでした。“あの…わたしイエスなの、入れてもらえるかな?”と聞くこともありませんでした。復活したイエス様は固い石壁を通りぬかれて弟子たちの真ん中に現れ、弟子たちに平和の挨拶をされました。

 

この個所を黙想するうち、クリスチャンによく知られているある画が思い出しました。イエス様が扉の外側に立っておられる画ですが、その扉には取っ手がないと言われます。インタネットで調べたところ、確かにその画には取っ手のない扉の前に立ち、困っているような顔をしたイエス様の様子が描かれていました。“只今復活して帰ってきたけど、開けてくれないの”というお顔でした。しかしルカによる福音書第24章のイエス様は悩みもされず、何も聞かずに弟子たちがいた部屋の真ん中に現れたのです。そして、不安に震えていた弟子たちに向かって彼らの記憶に深く残る挨拶をされました。“あなた方に平和があるように。”当時弟子たちは生き返ったイエス様を見ても信じることができず、恐れおののき、幽霊を見ていると思っていたとルカは記しています。そこでイエス様は手と脇腹に鮮明に残っている傷跡をお見せになり、さらに焼いた魚一匹を彼らの前で食べられました。

これらのことすべては、生き返ったご自身のことを弟子たちに示された出来事として聖書に記され、わたしたちにまで伝わってきたものです。

 

それでは、その時イエス様がお与えになった平和とは一体何でしょうか。不安がなくなることなのでしょうか。‘イエス様は確かに普通の人間ではなかった、神であった。だからそのイエス様を信じる自分はこれから何があっても大丈夫なんだ’のような確信や希望、喜びなのでしょうか。弟子たちはそれで満足したかもしれませんが、今を生きているわたしたちにおいては一体どのような平和があたえられたのでしょうか。また私たちはどのような平和を味わっているのでしょうか。

 

イエスキリストは、弟子たちだけではなく聖徒である私たちにもご自身の平和を与えてくださいました。しかし、実際の私たちの毎日はとても不安定で、小さな苦しみや、大した事でもないことで怒ったり、いやな気持になったりして心の平安を失う場合が少なくありません。さらにこの世は毎日のように戦争やテロが続いています。ナイジェリアではイエスを信じていることで若いクリスチャンたちが殺されました。ただ、私たちの身近なところではそのような悲惨なことが起こっていないだけであって、もしその真ん中に自分がいるなら、心の平和などは吹っ飛ばされてしまい、もしかしたら信仰そのものも失うかもしれません。ですからイエス様が与えようとして平和はそのような心の平安ではないのです。いつでもなくなるような平和ではないのです。その平和はシャローム、エイレネの平和、神様とわたしの間の平和なのです。贖いの子羊による、神様と罪人との間の平和なのです。切り離されたものが再び接木されるものです。ブドウの木に枝が接木されることなのです。永遠に死ぬことに定められたものが生きるものになる、しかも神様と永遠に生きるものとなることなのです。それこそ、イエスのみもたらすことができる平和なのです。

イエス様の復活がどうして聖徒たちの喜びなのでしょうか。それはイエスキリストに対するすべての予言が成就され、そのイエスの中にいて共に死んで共に復活した聖徒たちに平和が与えられたからなのです。わたしたちはイエスの中にいて共に死んで共に復活した聖徒なのです。

“わたしは神に対して生きるために、立法に対しては立法によって死んだのです。わたしはキリストと共に十字架につけられています。”ガラテヤ書第2章19節

名護ヨハネ教会は日本聖公会沖縄教区に属する教会です。現在毎週日曜日の午前10時30分に聖餐式を捧げています。礼拝では洗礼を受けた方なら陪餐に与ることができます。まことの福音、イエスキリストを通してこの世に明らかにされた神様の赦しとみ摂理を共に分かち合い、また神の国に入るその日まで互いに励まし会い歩んで行くことを切に祈ります。

重要なお知らせ

人事異動について

2017年04月08日 23:48

2017年3月31日付でイザヤ金汀洙司祭は沖縄市島袋諸聖徒教会に転勤されました。

2017年4月1日付でペテロ高良孝太郎司祭が赴任されました。

両司祭様のためにお祈りくださるようよろしくお願い致します。

 

2017年4月8日 23時50分 諸聖徒教会の司祭室で イザヤ 金汀洙司祭

1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>